レンズの選び方

お仕事からプライベートまで

ライフスタイル&用途に合わせたレンズ選びのご提案

日本人の平日における在宅時間は平均して15時間13分(※1)。
日中オフィスなど室内で過ごす方は更に数時間がプラスされ、多くの方が1日の大半を室内で過ごしていることになります。ご自宅やオフィスなどでの読む・書く・観るといった動作を快適にこなしていただくために、用途に合わせた専用のレンズをご案内いたします。

【※1】
2010年国民生活調査報告書(NHK放送文化研究所)より、
国民全体における平日の平均在宅時間

読む

手元のクッキングブックや書類、パソコンなど、滞りなくスムーズな確認をしていただけます。

見る

リビングのテレビや会議中の手元の資料、少し先にあるホワイトボードなど広い範囲をスッキリと確認できます。

動く

お掃除やお片付け、その他室内でのちょっとした移動の際にもストレス無く快適に過ごせます。

毎日の生活で、一番よく見る距離にあわせた眼鏡レンズを選びましょう

室内用の快適眼鏡レンズ

近用ワイド(近々ワイド)

デスクワークの多い人向けの眼鏡レンズ。
30cm~1mの距離に最も強く、快適な視野を確保します。

中近めがね

室内で主に過ごすことが多い方向けの眼鏡レンズ。
外は少しぼやけますが、手元や室内の各所がくっきりと綺麗に見えます。

30代〜40代の方へご提案

Relaxsee- リラクシー -

近用(近々)ワイドに近いタイプの眼鏡レンズです。
読書や在宅中には度の弱い眼鏡にかけかえる方、手元の書類やパソコン、デスクワークでは眼鏡が少しきついと感じて外してしまう方におすすめ。
教員の方やサラリーマンの方、会議などが多い方にはホーム・ワイドというタイプをおすすめしておりますので、詳細はぜひお気軽に当店までお問い合わせください。

©ムサシヤ時計眼鏡店 All rights reserved.