シニア向け

シニア・アイ(老眼)について

人は手元にピントが合いにくいと感じて、その時に初めて老眼を意識し始めます。
しかし老眼は体のほかの老化現象とは異なり、「子どもの頃から既に進行している」ものなのです。
眼は近くを見るときに水晶体の形を変形させてピントを合わせます。
この調節する力が年齢と共に低下することを「シニア・アイ(老眼)」と呼んでいます。

大切なことは普段の生活に合わせた度数で作ること。

手元の度数が強すぎるものは、あまり良くありません。

手元の文字をはっきりと見たいがために、つい手を伸ばしてしまいがちな度数の強い遠近両用眼鏡。チェーン店などでの取り扱いに多く見られる商品です。

確かに度数が強いことでくっきりと文字や写真などを見ることができますが、気をつけなければならないのが普段の生活。
1本で遠くも近くも両立させる遠近両用眼鏡では、手元の度数をあまり強くしすぎると中間の部分の視野が極端に狭くなってしまいます。これにより階段などではふわふわと揺れるような感覚に陥り、転倒やケガなどの原因になりかねません。


日常生活に困らない「バランスのいい度数」にこだわります

ムサシヤ時計眼鏡店では物をハッキリと見ることも大切ですが、眼鏡をかけることで「快適な生活を送れるようにする」ということが大前提だと考えております。

お客様がどういった理由で眼鏡の購入を考えられているのか。また、毎日どのようなライフスタイルで過ごされているのかを可能な限り踏まえた上でピッタリのご提案をしておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

©ムサシヤ時計眼鏡店 All rights reserved.